アメリカンエクスプレス

年会費無料のアメックスカードは?年会費無料コスパのいいアメックスカード一覧

クレジットカードを利用する誰もが一度は使ってみたいと憧れるアメックスカードですよね。

その人気の理由は世界共通で認識される、ステータス性の高さと高級感のある充実したサービスを兼ね備えているからと言えるでしょう。

とはいえ実際にアメックスカードを持つとなると、ほとんどの人にとって気にかかるのが年会費のことです。

アメリカンエキスプレスのクレジットカードは基本的にコストがかかると言われていますが、実は年会費がかからないアメックスカードがあることをご存知でしょうか?

実は、提携カードに申し込めば、年会費無料でアメックスカードを手に入れることも可能なんです!

ここでは、年会費無料でコスパ重視のアメックス提携カードについて紹介します。

一般的なアメックスカードの年会費はどのくらいかかるの?

ステータスの証として誰もが憧れるアメックスカードですが、中には申し込みすることをためらってしまう方もいます。

その最たる理由がカードを利用するために、支払わなければならない年会費です。

アメックスカードの年会費がどのくらいかかるのかは、カードによって異なりますが代表的なものをご紹介します。

  • アメリカン・エキスプレス・カード…1万2,000円+消費税
  • アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード…2万9,000円+消費税
  • ANAアメリカン・エキスプレス・カード…7,000円+消費税
  • セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード…1,000円+消費税

基本的にアメックスブランドのカードは、一般クラスのカードから費用がかかります。

そして、ほとんどの場合一般的なクレジットカードよりも高めな設定であると言えます。

最もスタンダードな性能で一般向けのカードとして発行されている、グリーンカードですら1万2,000円+消費税かかります。

国内では完全に無料で利用できるクレジットカードがたくさんあるので、アメックスのように年会費がかかるカードは尻込みする人も少なくありません。

年会費無料のおすすめアメックスカードはあるの?

「アメックスのクレジットカードが欲しいけれども年会費が高くて手が出せない」と思い、年会費無料のアメックスを探していませんか。

その分豊富な特典が付帯しているので、年会費を上回る価値があるクレジットカードですが、年会費を無料にすることが可能にできるなら、したいですよね。

そこで、年会費無料になるアメックスカードや、その他の年会費を無料にするための方法についてもご紹介します。

年会費無料のアメックスカードがある!年会費無料のアメックスカード一覧

年会費無料のアメックスカードは、具体的には、以下のカードになります!

その他にも、アメックスの提携カードは100枚を超えるため、ここでは全てを紹介しきれません。

お得な年会費無料のアメックスのクレジットカードとして人気のあるカードがこちらになります。

よく利用するお店やサービスがあれば、それらと提携しているクレジットカードを選んでください。

入会キャンペーンで年会費が1年間は実質的に無料になる!キャンペーンを利用する

アメックス・グリーン、アメックス・ゴールドはお得な入会キャンペーンを実施しています。

アメックス・ゴールドは、初年度から年会費は発生するものの、35,000ポイントが得られるキャンペーンを開催しています。

アメックス・グリーンは、初年度から年会費は発生するものの、15,000ポイントが得られるキャンペーンを開催しています。

アメックス・ゴールドかグリーンに入会すると、お得な入会キャンペーンが適用されます。

ボーナスポイントがプレゼントされて、なんと年会費を超える価値があるポイントを得られます(1ポイント=1ANAマイル)。

大量のポイントを獲得できるキャンペーンですのでこのキャンペーンを利用して、発行してみてはいかがでしょうか。

アメックスの提携カードとは?

アメックスカードは、次の2種類に大きく分けられます。

  1. プロパーカード
  2. 提携カード

年会費無料で手に入れられるのは提携カードのみになります。

それぞれの特徴を詳しく説明していきます。

プロパーカード

アメックスのプロパーカードはアメックスが自社で発行するクレジットカードです。

最も年会費の低い一般カードでも年会費が13,200円(税込)します。

入会条件が以下のようになっています。

  • 年齢条件を満たしている:20歳以上
  • 日本国内に定住所をお持ちの方
  • 日本国内で定職、定収入をお持ちの方:パート・アルバイト不可
  • 他のクレジットやローンで延滞が無い方

他社と違って独自の基準で審査を行なっており、“現在の支払い能力を重視”するため、個人事業主や自営業の方でも作りやすいと言われています。

上記のような入会条件があるため、学生の方はアメックスのプロパーカードを持つことができません。

提携カード

提携カードは、2つに分類されます。

①アメックスにライセンスを借りた企業が発行しているカード

年会費が無料になるのは、アメックスにライセンスを借りて他の企業が発行しているカードのみになります。

発行している企業のサービスも合わせて受けられるので、自分のライフスタイルに合ったカードを選べるのが特徴です。

先程ご紹介したように、提携先は、株式会社クレディセゾン、三菱UFJニコス株式会社などが有名です。

②アメックスが他企業と提携して発行しているカード

提携カードには、ホテルや航空会社と提携して、アメックスが発行しているカードもあります。

こちらは年会費がかかりますが、比較的手の届きやすいカードです。

他社発行のアメックスカードよりも充実したサービスを受けられるという特徴があります。

まとめ

アメックスのサービスは年会費を払っても良いぐらいのクオリティーですが、それでもやはりネックに感じるという方の場合は提携カードがおすすめです。

前述した カードは、提携カードということもあって、年会費無料です。

また、提携カードであってもアメリカンエキスプレスのブランドカードとしてサービスを利用できます。

費用面が気になる方はまずこれらのような提携カードを使ってみてくださいね。

タカシマヤセゾンカードの公式サイトはこちら