クレジットカード

クレジットカードを10枚以上持つことは可能?審査に不利にならない枚数

クレジットカードは複数枚持つことができますが、持ち過ぎは審査に影響するといわれていますよね。

でもなかには、気になるカードが10枚以上あるという方もいるのではないでしょうか。

そこで気になるのが既存のクレジットカードが審査に影響するのかどうかという点ではないでしょうか?

具体的に何枚から持ちすぎになるのでしょうか?

そこで、クレジットカードをたくさん持ちたい方のために、最適な枚数についてご紹介したいと思います。

まだイオンカードをお持ちでない方は特典企画実施中!




イオンカードには実にさまざまな種類があり、カードごとに色々な特典が用意されています。

イオンカードを作りたい方はまずはご自身が気になるカードを調べてみて、自分のライフスタイルや利用するサービスに合ったものを選ぶと良いでしょう。

ぜひ、ご自身のライフスタイルに合わせて、イオンカードを1枚作ってみてはいかがでしょうか。

\お申込みはWebで全て完結!/

 イオンカードの公式サイトはこちら

※カード発行には所定の審査がございます。

クレジットカードは何枚持つべき?

まず、クレジットカードは何枚最大で持つことができるのか把握していますか?

最大の枚数があるのかな、と思っているかもしれません。

ですが、結論から言うと、クレジットカードの枚数に制限はありません。

クレジットカードの審査に通り、発行される限り何枚でも持つことができます。

つまり、10枚、50枚、100枚でも持つことはできるということです。

では、クレジットカードの適切な枚数は何枚なのでしょうか?

クレジットカードを複数枚持つためのコツ

先程述べたように、クレジットカードそのものは、何枚でも持つことができます。

ですが、クレジットカードを複数枚保有していると、審査に通りにくくなる傾向にあります。

そこで、2枚目以降のクレジットカードを申し込みたい、10枚以上持ちたい、という方に複数枚審査に通るコツや、持つためのコツをご紹介します。

クレヒスを育てることが大切

クレジットカードの審査では、雇用形態などの属性はもちろんですが、クレジットカードやカードローンなどの利用履歴も重視されます。

一般的にクレヒスと言いますが、個人信用情報機関に登録されカード会社は情報が共有される仕組みとなっています。

クレジットカードを既に持っていると、2枚目以降のカード審査は不利になると言われることが多いですが、必ずしもそうというわけではありません。

クレジットカードを使っていても、その利用代金を毎月きちんと遅れずに支払いできていれば、クレヒスは良好と評価されます。

クレヒスを育てるということは信用を積み上げていくということです。

月に1回の利用でも構いませんので、できるだけ長く継続して使い続けることが重要で、信用は積み上がっていき、審査に有利となります。

延滞をしないこと

せっかくクレジットカードを使い続けてクレヒスを育てても、延滞してしまっては意味がありません。

たった一度の延滞でも、それが原因で審査落ちになってしまうことだって十分にありえるのです。

延滞した事実も個人信用情報機関に登録されますので、複数枚のカードを持ちたい場合は、くれぐれも延滞をしないようにしましょう。

また、支払日の管理も大切です。

基本的にクレジットカードの支払いは口座からの引き落としとなりますが、カードを複数枚持っているとそれぞれ引き落とし日が異なるため延滞する恐れがあります。

口座引落の場合、遅くても前日までに支払い分を入金しておかないと当日に引き落としされず延滞になってしまう可能性があるので要注意です。

一度に複数枚のカード申込みをしない

カードを複数枚持ちたいからと言って、一度に大量のカード申し込みをしてはいけません。

これを多重申し込みと言い、カード会社は「カードを悪用するかもしれない」「貸し倒れのリスクが高い」と判断することから審査通過が難しくなってしまいます。

明確な基準があるわけではないですが、大抵のクレジットカードは半年以内に3枚以上申し込んでいると審査通過は難しいと言われています。

確実に複数枚審査に通りたいなら前回の申し込みから半年以上あけてから新規申し込みするようにしましょう。

クレジットカードが増えるデメリットは?

クレジットカードが増えていくことで、少なからずデメリットが発生します。

何枚保有すれば得するのかを知るためにも、デメリットを把握しておいてください。

コストがかかる

クレジットカードを複数枚保有していると気がかりなのがコスト面です。

機能にこだわるとどうしても年会費がかかるため、使わなくても毎年決まった金額が引き落とされるのは負担になってしまいます。

住宅ローンなどの審査に影響する恐れがある

クレジットカードは現金の借り入れができるキャッシング枠をつけることができます。

キャッシングは便利ですが、もし滞納してしまえば住宅ローンなど借入額が高額となるローンの審査に通らない恐れがあります。

不正利用のリスクが高まる

クレジットカードの枚数が増えれば増えるほど不正利用のリスクが大きくなります。

管理が疎かになり不正利用に気づかない場合や、カード会社から顧客の情報が流出する可能性もありますので、その場合、契約しているカード会社が多いほど被害を受ける可能性が高まります。

適正枚数はその人のライフスタイル次第

実のところ、クレジットカードの適正枚数は人それぞれ違うとしか言いようがありません。

各々ライフスタイルが異なりますので、ひとりひとりのライフスタイルに適した枚数を持つことが正解と言えるでしょう。

適正枚数は人それぞれで「○枚持っているのが正解」という絶対的な答えはないのです。

ですが、基本的には、クレジットカードを選ぶ際は、メインとなるカードを決めて、それにプラスしてサブカードを決めるのがおすすめです。

もしも、審査が難しそうであれば、申し込みの前に、不要なカードは解約しておくことが大切です。

まとめ

クレジットカードの10枚以上持ちは可能です。

ですが、クレジットカードの利用について延滞があったりと問題があれば、審査に通りにくくなります。

クレジットカードの最適な枚数はその人の生活行動によって異なります。

複数枚持ちたいのであれば、デメリットも踏まえた上で、期間を開けたりして新規カードを申し込みしてみてくださいね。

まだイオンカードをお持ちでない方は特典企画実施中!




イオンカードには実にさまざまな種類があり、カードごとに色々な特典が用意されています。

イオンカードを作りたい方はまずはご自身が気になるカードを調べてみて、自分のライフスタイルや利用するサービスに合ったものを選ぶと良いでしょう。

ぜひ、ご自身のライフスタイルに合わせて、イオンカードを1枚作ってみてはいかがでしょうか。

\お申込みはWebで全て完結!/

 イオンカードの公式サイトはこちら

※カード発行には所定の審査がございます。