クレジットカード

Amazonカードが利用停止になってしまった!利用停止の原因を解説

「Amazonタイムセール祭り」や「Amazonプライム」でお得に使えるAmazonカードを持っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ですが、こちらのアマゾンカードを急に止められてしまったという方もいるかもしれません。

そこで、この記事ではAmazonカードが利用停止になってしまった方で、その原因や考えられること、対処法についてご紹介したいと思います。

Amazonカードとは

Amazon Prime Mastercardを持っている方も多いのではないでしょうか?

プライム会員のお客様用の「Amazon Prime Mastercard」と、プライム会員以外のお客様用の「Amazon Mastercard」の2種類のカードデザインがあります。

年会費は永年無料!

Amazonプライム会員(無料体験に申し込んだ会員、プライム家族会員、Prime Student会員およびAmazonファミリー会員を含みます。)のご利用金額200円につき1.5%分のポイントが加算されます。

Amazonカードが利用停止になる主な原因

Amazonカードが利用停止になる理由についてここでご紹介したいと思います。

突然利用停止になってしまい、困っているという方は是非参考にしてみてください。

残高不足で引き落としできなかった

Amazonカードの引き落とし日は毎月26日(休日の場合は翌営業日)になっています。

この際に、銀行口座の残高不足で引き落とせなかったときに利用停止となります。

自分の注意不足で、残高不足になっていることもありますので、気をつけるようにしてください。

滞納を複数回した

Amazonカードの滞納も利用停止の原因となります。

数回滞納することで、自分自身のクレヒス(クレジットヒストリー)に傷をつけることになりますので気をつけてください。

不正利用を疑われた

Amazonカードの限度額を超える高額な商品を購入したり、海外でショッピングしたりすると、たまに不正利用モニタリングに検知されて利用停止になることがあります。

ただし、この場合は、本人確認の電話連絡等か、ショートメッセージなどで確認が行われた後に利用停止が解除されるようになっています。

Amazonカードの利用停止になってしまったら復活するの?

Amazonカードが利用停止になってしまったら、復活するの?ってことが気になりますよね。

基本的には、利用停止になってしまった場合の、復活するまでの明確な時期/タイミングは決まっておりません。

ただし、引き落とし日に残高不足で支払いができなかった方は、返済日によってある程度の復活時期が分かります。

残高不足を振込で支払った場合の反映タイミングは、2~4営業日

残高不足などで引き落としができなかった場合には、基本的に銀行振込によって支払いを済ませることになります。

この場合は、返済後Amazonカードに反映されるのは通常約2~4営業日かかることを覚えておきましょう。

再振替がある

引き落とし口座を対象の金融機関にすることで、Amazonカードは再振替を行います。

再振替なら振込手数料を払うことなく延滞日数を最小限にすることが可能ですので、もしも残高不足の場合は再振替をしましょう。

まとめ

Amazonカードが利用停止になってしまった原因についてご紹介しました。

さまざまな原因がありますが、「Amazonカードの利用停止処置」はいずれも適切に管理されていればそうそう起こるものではありません。

残高不足には気をつけるようにして、見に覚えがない場合は一度窓口で問い合わせてみてくださいね。